更新情報

浮気が発覚したら

浮気はパートナーが自分意外の異性と肉体関係を持つということという定義があるが、それをもし相手がしたとしたらどうなるのだろうか。
異性と二人だけで食事をいった程度なら構わないという人もいるだろうが、明らかに肉体関係があった場合はこれは浮気になる。
浮気のボーダーラインは様々でこれは人によっても違いがある。
浮気の定義は様々ですが、法律的にも世間一般的にも、肉体関係があるのかどうか、これは大きな影響を与えるだろう。
調査についてもこの点はかなからず白黒はっきりつける場所である。
事実が明らかになった場合にはその後どうするのかも考える必要がある。
慰謝料を請求するのか、離婚をするのか、それも肉体関係があるのかどうか、何回くらいあったのかなど、浮気の頻度によっても違いが出るだろう。
パートナーの浮気が発覚したあとでまず何をすべきか。
はっきりさせることとしては具体的な行動を起こし、そしてこのことに対して決着をつける必要があるだろう。
相手と分かれてさえもらえればいいと思っているのか、それとも自分の慰謝料を支払ってもらいたいのか、離婚してもらいたいのか、それは人によっても違いがあるだろう。
発覚後にどのように決着をつけようと思っているのか考えておく必要がある。
発覚後にどのようにしたいのか、それを明確にしておくことができなければ、これから先の対処が具体的に行動できないだろう。
最初にイメージしていた対処が調査を進めていくうちに、だんだん変化して、それが違った対処になることはあるかもしれない。
しかしどちらの場合にしても対処する方向はどのような方向性を持って対処しようと思っているのかを考えておかなければ、行動を起こすことができないのである。
行動により対処しなければこの問題は解決しない。
例えば探偵事務所に依頼して事態の対処を依頼するのも1つの方法である。
発覚後の対処については素人では考えられないためにプロに依頼する人は多い。
発覚したければ具体的にどのようにこの先、していけばいいのかわからない人は相談するといいだろう。
探偵事務所といっても様々な場所があるが、アフターケアも充実している事務所なら、その後解決してから落ち着いた人生が送れるようにアドバイスをしてくれるところも多い。
この問題はほかの人に相談しにくいとてもナイーブでデリケートな問題であるがゆえに、周囲の人に気軽に相談することができる問題ではないため、もし迷ったらプロに相談するのが一番である。
相談をするにしても重要なことは、最終的に自分はどのようにして行きたいと思っているのか、その方向性だけは常に明確に持っておいたほうがいいだろう。
自分自身の考えをはっきりと明確にしておくこと、それがスムーズに今後の手続きや対処を進めることにもつながるだろう。
誰もが、向き合いたくない問題かもしれない。
しかし向き合わずに放置していても何も変わらないのである。
放置するのではなく、ある程度のイメージを持ってこれから先自分はどのようにしていきたいのか、それを明確にしておくことによって、お互いの関係も修復できるかもしれないし、修復ではなく、終止符を打つことにもつながる。
これからどうしたいか、慰謝料をもらって離婚したいのか、それとも相手と分かれてもらうだけで気が済むのか、そうした際のイメージを発覚後はそろそろイメージして準備しておく必要があるだろう。
そのイメージが付いていれば、その先の手続きややり取り、段階を踏んでいくべきこともスムーズに進み、お互いが気持ちよく結果を出すことにもつながるだろう。
イメージが付いていない人ほど泥沼になりトラブルの中で心身ともにボロボロになるケースが多い。