浮気をやめさせる

浮気が発覚したら次なやめさせる努力が必要である。なぜ浮気をしたのか、その物事の理由や原因を振り返ってみる。パートナーがなぜ浮気をすることになったのか。それを考えてみよう。本来ならば他人同士の二人が一緒に過ごしパートナーになったわけだが、他人である事実は変わらない。お互いの生活の中で何が今回のトラブルを引き起こしたのか振り返ってみる必要がある。
意外と普段の日常生活の中ですれ違いが積み重なり原因となるケースが多い。やめさせるために同努力をすればいいのか、例えば浮気調査にお金をつかい、プロに依頼してやめさせるのもいいだろう。実際証拠を手に入れて相手につきつけてやめさせるというケースも多い。真実を知り、あなたはこれから先どうしたいか、それによってやめさせる必要があるのかどうかも違ってくるだろう。
やめさせたいと思っている場合、こちらが真実を知ったことを相手に知らせてやめさせるのか、それとも真実を知らないことにして自然にやめさせるのか、その点も考えておいたほうがいいだろう。
何らかの制裁を与えて、そして罰として謝罪や何らかのことをしてもらいたいと望んでいるのであれば、こちらが真実を知ったことを伝えるべきであるが、これから先穏便に何事もなかったように過ごしたいと願っているのであれば、知らぬふりをした上で自然にやめさせる努力をするのがいいだろう。
これに関しては自分がどうしたいのかによって対処が違ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>